« GmlMgr todo | トップページ | GmlMgr 1.03 »

GmlMgr 設定ファイル gmlmgr.ini

設定ファイルは、gmlmgrディレクトリのgmlmgr.iniになります。
特に変更する必要は無いはずです。
もし設定を変更したい方がいれば以下を参照して適当にいじってください。
基本的にここで設定している値は、正しく変更すれば動くはずです。
まだ実際に有効でない設定もありますが…

設定項目と、値を空白(タブまたはスペースの連続)で区切って表記します。
#先頭行が#の行はコメントとして読み飛ばします(実際には存在する設定項目以外は無視します)。

既定値とあるのは設定項目が記載されてない場合の値です。値を設定せずに設定項目だけを記載した場合は、""(空白)が設定されてしまい正しく動作しないことがあります。

  • addr_dir: 住所と位置のマッピングデータが入ったgm_lite直下のフォルダ名。変更するとGM_Liteの住所検索機能が動作しなくなります。既定値:addr
  • bin_dir: GmlMgrのフォルダ名。既定値:gmlmgr
  • range_dir    範囲設定データを置くフォルダ名。既定値:range
  • rangemain_dir    ダウンロード範囲設定データを置くrange_dir以下のフォルダ名。既定値:main
  • rangeremove_dir    消去範囲設定データを置くrange_dir以下のフォルダ名。既定値:remove
  • rangeburn_dir    mk_burn.plで作成する範囲設定データを置くrange_dir以下のフォルダ名。既定値:burn
  • imgs_dir    地図データが入ったgm_lite直下のフォルダ名。既定値:imgs
  • burn_dir    mk_burn.plで作成するデータを置くgm_lite直下のフォルダ名。既定値:burnimg
  • imgsdata_dir    GM_Liteで使用する縮尺表示用画像パーツなどが入ったimgs以下のdataフォルダ名。既定値:data
  • gmhtml        GM_Liteで使用する初期表示用HTMLファイル名。既定値:gm_lite.html
  • ignore_suffix    範囲設定データを読み込むときに無視する拡張子。既定値:bak   
  • burn_update    mk_burn.plでburnimg以下にaddr, imgs/dataが存在する場合にアップデートするなら1を設定する。存在しなくてもそのままにしておく場合2を設定する。既定値:0(既存のものを使う)
  • burn_download    mk_burn.plで地図データが存在しない場合のデフォルト動作を指定する。
    • 0    問い合わせる(既定値)
    • 1    ディスクに存在するデータのみで作成する
    • 2    ディスクに存在しないデータはダウンロードして作成する
    • 3    中止する
  • log_file    ログファイル名。指定していない場合、ログファイルは作成されず、指定されれば、GM_Lite直下にその名前でログファイルが作成されます。既定値:log.txt
  • verbose        饒舌モード。一番饒舌なメッセージを表示する1、普通の0、静かな-1があります。既定値:0
  • debug_mode    デバッグモード。1にすると実行にかかった時間などを表示します。デバッグ用。既定値:0

gmlmgr.iniの設定は、実行時オプションで上書きされます。ただし、gmlmgr.iniで設定したオプションを取り消すことはできません。すなわち例えば、

gmlmgr.iniに"burn_update 1"を設定したら、かならずaddr, imgs/dataは上書きされます。
gmlmgr.iniに"burn_burn_download 1"を設定したら、"-d2"でダウンロードを指定することはできますが、"-d0"として問い合わせするようにはできません。

|

« GmlMgr todo | トップページ | GmlMgr 1.03 »

GM_Lite」カテゴリの記事

コメント

なんだかわ分からなくなって,あちこちにコメントを書いてしまいました。
今回の1.03をダウンロードすれば,gmlmgr.iniは不要なのですか。
改造版バッチはどうすればいいんですか。
1.03を使用するときは,どのPLを実行すればいいのでしょうか。
   \gmlmgr\down_maps.pl を実行するのですか,
   \gm_lite\bin\down_imgs.plを実行するのですか。

投稿: chida | 2009年7月18日 (土) 15時10分

改造版パッチの方にも書きましたが、あのパッチは一番最初にGMLiteでうまくダウンロードできなくなったときに作ったもので、GmlMgrを使ってダウンロードするのであれば、\gm_lite\bin\down_imgs.plは不要です。

\gm_lite\bin\down_imgs.plはGMLiteでダウンロードするためのもの。
\gm_lite\gmlmgr\down_maps.plはGmlMgrでダウンロードするためのものです。

つまり、GmlMgr 1.03でも\gm_lite\gmlmgr\down_maps.plを使ってダウンロードしてください。

> 今回の1.03をダウンロードすれば,gmlmgr.iniは不要なのですか。
1.03の中にもgmlmgr.iniは入っているはずです。
普通に上書きコピーしてください。
まあ、上に書いたように、細かく設定をいじりたい人以外は編集の必要はありません。

投稿: waste | 2009年7月18日 (土) 15時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GmlMgr 設定ファイル gmlmgr.ini:

« GmlMgr todo | トップページ | GmlMgr 1.03 »