« GmlMgr 1.01 | トップページ | GmlMgr 設定ファイル gmlmgr.ini »

GmlMgr todo

今後気が向いたらやろうと思うこと。
上から、優先度順。

これ以外には「おお、それは便利だ!!」とか思ったり、「すげえぇぇ、そいつは画期的なアイデアだ」とか思うリクエストがあれば、やるかも。

ちなみにダウンロード速度の高速化は行ないません(コードの改善によって速くなってしまう!!かもしれませんが)。
それで、サーバからブロックされては百害あって一利なしなので。

使用法例の作成
まあ、私が想定している使い方をとりあえず書いておこうかと思う。

除外指定
取得データ除外指定を可能にする。
これは、GoogleMapsで縮尺によっては地図が提供されていない場所があり、その場所を何度も取得しようとするのを避けるための機能。
ignore.datという名前に記載されている地図は、リクエストをしないようにする。
一旦ログを作成してログから自動作成できるようにすると非常に良いと思われる。
その場合、数回取得を試みてからの方が良いとは思われるが。

bakファイルへのリネーム
remove_maps.pl時に、fool proofとして実行対象の範囲指定ファイルの拡張子をbakにする。

log, debugオプション
コマンドラインでもlogやdebugを指定できるようにする。

いろいろなことをするメニューの作成。
やっぱり、メニューがあったほうがいいって人もいるよね。

オブジェクト指向にする
コードの低品質さは全体的に激しいのだが、特にGmlMgr.pmがpmという名前をつけるに値しないくらい情けなさなので、もうちょっと懲りたい…
まあ、perlは動けばいい、っていうのも正しい道なのだけれど。

範囲のネガティブ指定
削除にしか使い道が無いと思うので、ファイルパスからz, x, yを示す関数を作成し、それが指定範囲内か調べるという形で実装する。

HTTPヘッダを利用しての地図データ更新
If-Modified-Since、Last-Modifiedヘッダーを使用して地図の更新チェックして、必要なデータだけ更新できるようにする。
が、まずGoogleMapsが対応しているか調べるところからはじめないと…

|

« GmlMgr 1.01 | トップページ | GmlMgr 設定ファイル gmlmgr.ini »

GM_Lite」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。はじめまして。ザウルスユーザです。地図データのローカル保存に躍起になっています。先月、gm_liteでデフォルトのzoom7まで取得しました。今回自分の住んでいる近傍だけzoomを上げて取得したいと思い、gmlmgrの存在を知り、部分保存しようとインストールさせていただきました。結果から行くと、コンソール上で「Error at z-** x=** y=** img=imgs/**。。。」が連続して取得できません。インストール方法に従ってActivePearlインストール後、gmlmgrをgm_lite直下に置き、mainフォルダに所望の箇所を指定するデータを置き、down_maps.plをたたいたのですが、だめでした。何かポイントがありましたらご教示いただければ幸いです。宜しくお願い致します。

投稿: k-mo-ni | 2009年4月 4日 (土) 11時08分

同じものが3度入ってしましました。申し訳ありませんでした。

投稿: k-mo-ni | 2009年4月 4日 (土) 11時11分

ずいぶん、長い間放置してしまいました。すみません。

まだ、ダメなのか分かりませんが(というか見ていただけているかもわかりませんが)、とりあえず、最新のgm_lite(bucchiさんのw2.97対応down_imgs.plをいれてあるもの)では、希望の範囲はダウンロードできるのでしょうか。

お手数ですが、そちらをご確認ください。

あとは問題があるとすれば、インストール先がgm_liteフォルダの下にgmlmgrというフォルダごとインストールしてあるかくらいでしょうか。

投稿: waste | 2009年7月17日 (金) 09時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GmlMgr todo:

« GmlMgr 1.01 | トップページ | GmlMgr 設定ファイル gmlmgr.ini »