« GmlMgr remove_maps.pl | トップページ | GmlMgr 1.01 »

GmlMgr burn2iso.bat

burn2iso.bat で burnimg ディレクトリの ISO ファイルを作ることができます(Windows環境のみ)。
ISO ファイルは gm_lite 直下に gm_lite.iso という名前で作成されます。
ディレクトリの名前を変更した場合は、burn2iso.batの中身も適宜書き換えてください。
すでに、 gm_lite.iso が存在する場合は上書きされます。

この場合、作成されるのはISOファイルなので、マウントするときには、gm_lite.romではなく、gm_lite.isoを指定します。

例: /home/zaurus/Documents/gml_mount /home/zaurus/Documents/gm_lite.iso

なお、Windows環境でのisoファイルの作成にはmkisofs.exeが必要です。

GM_Lite配布パッケージの中にはCygWin環境で使える mkisofs が同梱されているので、それを使用するようになっていますが、CygWin環境から脱却したい場合は、別途Windowsネイティブバイナリのmkisofs.exeを入手し、gmlmgrフォルダに置いてください。

Windowsネイティブバイナリの mkisofs.exe の入手先。
mkisofs - Mona OS developers Wiki

|

« GmlMgr remove_maps.pl | トップページ | GmlMgr 1.01 »

GM_Lite」カテゴリの記事

コメント

wasteさん

はじめまして、開発お疲れ様です。
bucchiさんのところから来ました。

GmlMgr早速使わせて頂こうと思います。
ダウンロードはだいたい終わっているのですが、データの整理で苦労しています。
GmlMgrはとても役に立ちそうです。

早速質問なのですが、イメージ化をburn2iso.batで行いたいと考えているのですが、
gmlmgr0100.zip、gmlmgr0101.zipの中に見つかりませんでした。
すみませんが確認していただけないでしょうか。

よろしくお願いいたします。

投稿: bxk07344 | 2009年3月 3日 (火) 07時59分

すみません、後付けツールだったので、入れるのを忘れていました。
gmlmgr0100.zipを差し替えたので、お手数ですが再度ダウンロードしてください。
burn2iso.batを追加しただけです。

投稿: waste | 2009年3月 3日 (火) 08時42分

wasteさん

さっそく確認していただいて、ありがとうございます。

ちょっとだけ試してみましたが、Windowsネイティブだとやっぱり早い気がします。
進行状況もわかるので便利ですね。
帰ったら早速イメージ化してみます。

また自分のとこのブログでもレポートしたいと思います。

では。

投稿: bxk07344 | 2009年3月 3日 (火) 12時28分

wasteさん

早速、gm_liteの地図データをburn2iso.batでやってみました。

3Gくらいのデータで試したのですが、ぜんぜん早さが違いました。
cygenvでは一晩でも終わらなかったものが、2時間くらいで終わりました。
これから、地図を追加した場合でも気軽にイメージ化が出来そうです。

ありがとうございました。

投稿: bxk07344 | 2009年3月 3日 (火) 21時53分

お、私のほうでは、速度比較は地図のダウンロードしかきちんと試していなかったのですが、それ以外でもかなり変わりますか。それは、作った甲斐がありました。
念のため、ちゃんと動作しているか確認してください…

まあ、CygWinだとforkをエミュレートしてますし、シェルスクリプトはインタープリターなのに対しperlはコンパイルしてから実行なので、オーバーヘッドはかなり違うとは思いますが…

mkisofs自体のスピードもかなり違うのでしょうか。

投稿: waste | 2009年3月 4日 (水) 08時51分

すみません,以下までようやくたどりついたのですが,まだうまくいきません。この手順でどこがまずいのでしょうか。そうぞ教えてください。
6 持ち運びファイルの作成
 ①\gm_lite\gmlmgr\range\burn\範囲指定ファイル
   →\gmlmgr\mk_burn.pl実行。
 ②\gm_lite\burnimgが作成され,
  中にgm_lite.html、addr、imgs\dataフォルダがコ
  ピーされる。
 ③これを,7でイメージ化して別の機器に移し,
  GM_Liteで使用するか,
  フォルダを丸ごと別の機器に移してGM_Liteで
  使用する。
7 6②の\gm_lite\burnimgフォルダをイメージ化
  \gmlmgr\burn2iso.bat 実行
  → \gm_lite\gm_lite.iso が作成されイメージ
  化される→イメージファイルのみをZaurusにコ
  ピーして持っていく。

ここで,gm_lite.isoをクリックすると,サイトに接続する画面が出るのですが,これダメの原因か,或いは以下がダメなのかなと思うのですが。

8 イメージデータを見るために,gml_mountコマ
  ンドでマウントする。
 ①miscfs-modules_c860_arm.ipk をインストール
   する。
 ②Zaurusの適当な場所に
   /gm_lite/bin/gml_mountをコピー
 ③「/home/zaurus/Documents/」の直下に
   gm_lite.romとgml_mountがあるとした場合,
  /home/zaurus/Documents/gml_mount /ho
   me/zaurus/Documents/gm_lite.rom
 とターミナルから打込むと,マウントされる。
 ④使用後はマウントと同様の操作をしてイメージ
   ファイルをアンマウントする。
9 qgmap_0.1.5_arm.ipk で見る

投稿: chida | 2009年3月 8日 (日) 00時43分

基本的には書いてある手順で問題はなさそうなのですが、1点だけ。
/home/zaurus/Documents/gml_mount /home/zaurus/Documents/gm_lite.rom
は、作成したのがgm_lite.isoというファイルなので、
/home/zaurus/Documents/gml_mount /home/zaurus/Documents/gm_lite.iso
です。

マウントに成功すると。
mount gm_lite image file
というメッセージが表示されるはずです。


> ここで,gm_lite.isoをクリックすると,サイトに接続する画面が出るのですが,これダメの原因か,

これは、まったく関係ないと思います。

これ以外が問題だとしたら、具体的には、どこでどううまくいかないのか教えてください。

投稿: waste | 2009年3月 8日 (日) 16時54分

ありがとうございました。
サイズ3のダウンロードが先ほど終わりました。昨夜の23時から今晩の22:40までかかりました。フーッ。
サイズ3はおっきいです。
教示あった点は明日からやってみます。よろしくお願いします。ありがとうございました。

投稿: chida | 2009年3月 8日 (日) 22時48分

以下まで行ったのですが,まだ見えません。どうぞ教えてください。
①\gm_lite\gmlmgr\range\burn\範囲指定ファイル→\gmlmgr\mk_burn.pl 実行。
②\gm_lite\burnimg → 中にgm_lite.html、addr、imgs\dataフォルダが コピーされる。
③\gmlmgr\burn2iso.bat実行
④\gm_lite\gm_lite.iso →(コピー)→ Zaurus\mnt\card\gm\gm_lite.iso
⑤miscfs-modules_c860_arm.ipk を本体にインストールする。
⑥gml_mount と gm_lite.iso を /mnt/card/gm_lite/ にコピー
⑦Zaurusのターミナルから次を実行してマウント。
 /mnt/card/gm_lite/gml_mount /mnt/card/gm_lite/gm_lite.iso
  (moun gm_lite image file と出る。)
⑧すると,次が作成される。(中は空っぽです。)
  /mnt/card/gm_lite/gm_lite
⑨qgmap_0.1.5_arm.ipkを立ち上げ,パスで⑧を指定する。

とここまできたのですが,qgmapは「恐れ入りますが・・・」の文字と右側面にジッパーが出ているだけで,地図が見えません。どこの手順がまずいのでしょうか。お願いします。
フーもう寝ます。オヤスミなさい。

投稿: chida | 2009年3月10日 (火) 00時14分

8で/mnt/card/gm_lite/gm_liteの中が空っぽということは、ISOファイルがちゃんとできていないのでしょうか。

gm_lite.sioのサイズ(大きさ)はどれくらいですか?
Zaurusのターミナルから「ls -l /mnt/card/gm_lite/gm_lite.iso」と打って確認してみてください。
また、Windows上でburnimgのプロパティを見て、「ディスク上のサイズ」はどれくらいですか?

たいして変わらない大きさになっているはずなのですが…

あと、ふと気になったのですが、2で
> \gm_lite\burnimg → 中にgm_lite.html、addr、imgs\dataフォルダが コピーされる。
とありますが\burnimg\imgsの中には、それ以外の、18とかの数字のフォルダもありますよね。

ないとしたら、mk_burn.pl自体がうまく行っていないのですが…

投稿: waste | 2009年3月10日 (火) 05時36分

ありがとうございます。今度はうまくいきました。なんでかな。

「ls -l /mnt/card/gm_lite/gm_lite.iso」を実行すると,-s -r -wなどが沢山出てきます。

「Windows上でburnimgのプロパティを見て、「ディスク上のサイズ」はどれくらいですか?」出来上がったgm_lite.isoは,昨夜出来上がったものより,今夜出来上がったものの方がおおきいです。なんで変わるのか・・・・なにかやらかしたのカナ。

「それ以外の、18とかの数字のフォルダもありますよね。」はい,しっかりとあります。

とにもかくにもできたので落とした約1GBの地図を,これからmk_burn.pl して,次いでburn2iso.batします。はてさてどれくらいかかりますのやら。セットしてお休みです。明日の朝が楽しみ・・・・デス。お休みなさい。

投稿: chida | 2009年3月10日 (火) 22時44分

あ、説明不足ですみません。
「ls -l…」は、「-rw-r--r-- zaurus qpe」などの後に出てくるでっかい数字が、ファイルサイズです。

まあ、数字のフォルダが出てくるのであれば、使えると思います。
良かったです。

投稿: waste | 2009年3月11日 (水) 01時14分

ようやく設定ができ,地図を見ることができるようになりました。
ありがとうございました。
御礼の意味を込めて,私のようなPCスキルの低い方にでも
できるよう,以下に手順を記します。
(wasteさん,ファイル名や説明の記述でcopy.maps.pl とあるの
は,down_maps.pl だと思いますので,ご報告します。)


1 ザウルス用ファイル
 ①qgmap_0.1.5_arm.ipk(ぷちのいずさんから)
 ②miscfs-modules_c860_arm.ipk(GM_Liteさんから)

2 PC用ファイル
 ①ActivePerlをダウン→ c:\perl にインスト
 ②gm_lite-0.1.4.zip(GM_Liteさんからダウン)→ \gm_lite にインスト
 ③gmlmgr.zip(wasteさんからダウン)→ c:\gm_lite の下にインスト
 ④map_recipe.zip(ぷちのいずさんからダウン)→ \gm_lite\gmlmgr\range に置く。
 
3 範囲指定ファイルを準備し,googleから地図を取得。
 ①2④のmap_recipe から必要部分を取り出す→それが「範囲指定ファイル」となる。
 ②ウィルバスターを外す。
 ③\gm_lite\gmlmgr\range\main\範囲指定ファイル → \gmlmgr\down_maps.pl 実行。

4 持ち運びファイルの作成
 ①\gm_lite\gmlmgr\range\burn\範囲指定ファイル → \gmlmgr\mk_burn.pl 実行。
 ②\gm_lite\burnimg が作成され → 中にgm_lite.html、addr、imgs\dataフォルダ
がコピーされる。

5 4②の\gm_lite\burnimgフォルダをイメージ化し,ザウへ置く。
 ①\gmlmgr\burn2iso.bat実行 → gm_lite\gm_lite.iso が作成される。
 ②これをZaurusへ → \mnt\card\gm\gm_lite.iso 
 ※イメージ化せず,5②のフォルダ\gm_lite\burnimgを丸ごとzaurusuに移して
GM_Liteで使用することも可 →その場合は6は不要。

6 gml_mountコマンドでマウントし,イメージデータを見れるようにする。
 ①miscfs-modules_c860_arm.ipk をインスト。
 ②/gm_lite/bin/gml_mount →(コピー)→ zaurus/mnt/card/gm/gml_mount
   (gml_mountはコマンドなのだ!)
 ③/mnt/card/gm/gml_mount /mnt/card/gm/gm_lite.iso → とターミナルから打込む。
  「mount gm_lite image file」と出てマウントされる→④へ。
    ア(yaktyさまのKeyHelper Appletに
  G = @exec[Tab]/path/to/gml_mount /path/to/gm_lite.romと登録でも可)
イ(別の方法として設定タブにアイコン登録する方法。
     gml_mountを/home/QtPalmtop/bin/に持ってきて実行属性を付加。
     gml_mount2というファイルを同じ場所に同じ属性で作成。
      #!/bin/sh
      gml_mount /mnt/card/gm_lite.iso # SDのトップにISOファイルを置いた場合
    「ホーム画面設定」でgml_mount2をアイコン登録、アイコン長押しメニューで
    「アプリケーションをVGA~」のチェックを外す。)
 ④/mnt/card/gm/gm_liteフォルダ作成され、そこにGM_Lite一式が見えるようになる。
 ⑤使用後はマウントと同様のコマンドを打ち,イメージファイルをアンマウントする。

7 qgmap_0.1.5_arm.ipkを起動し,Pathを/mnt/card/gm/gm_lite/imgs/に指定。
以上
ありがとうございましたwasteさん。

投稿: chida | 2009年3月12日 (木) 23時54分

おお、まとめをありがとうございます。

また、記事のコマンド名の間違い、教えていただきありがとうございます。
今までぜんぜん気がつきませんでした…

投稿: waste | 2009年3月13日 (金) 13時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GmlMgr burn2iso.bat:

« GmlMgr remove_maps.pl | トップページ | GmlMgr 1.01 »